マカナ 葉酸サプリ 最安値 キャンペーン セール

マカナでいう葉酸が不足した場合に起こる症状について

昔から大切と言われてきた葉酸ですが、
今その大切さが今一度問われている状況です。

 

妊婦さんや授乳中の女性の葉酸が不足すると、
胎児や乳児の成長にどのような影響がでるのかご存知でしょうか?

 

その大切さについて考えていきたいと思います。

 

 

葉酸とは何?

 

葉酸は、水溶性ビタミンB群のひとつで、細胞分裂やDNAの合成に関わる大切な成分です。

 

DNAとは皆さんもご存知のように細胞分裂時に遺伝子情報を伝える役割を果たしています。

 

人間の成長の過程で1番多く細胞分裂がおきるのが受精卵から胎児になる時です。

 

そこで、葉酸が妊娠初期に必要となるのです。

 

 

葉酸の必要量とは?

 

厚生労働省からも妊娠可能な女性は、
1日に0.4mg(400μg)の葉酸を摂取することで、
神経管閉鎖障害の予防につながると発表しています。

 

マカナ葉酸サプリには、
吸収効率の高いモノグルタミン酸型葉酸が400μgと基準値に満たす量が入っているので安心です。

 

 

神経管閉鎖障害とは?

 

神経管閉鎖障害というのは、妊娠初期に起こる先天異常です。

 

流産や死産になったり、障害を持って生まれることがあります。

 

 

葉酸が不足すると二分脊椎症も起こりうる病気です

 

この障害からおこる病気には、無脳症や、二分脊椎症などがあります。

 

妊娠中は貧血になりやすいのですが、鉄分が不足しておこるものと、
葉酸、ビタミンB12が足りないことで血液の中の赤血球が足りなくなり起こる場合があります。

 

これは、胎児への栄養補給を優先的に行うために起こる症状です。

 

 

妊娠中の貧血は特に怖い?

 

貧血になると胎児への栄養補給が悪くなります。

 

妊娠中期から後期には、貧血にならないようにバランスよく栄養を摂ることが必要となります。
妊活中の人にもぜひ摂取してもらいたい成分です。

 

なぜなら、妊娠するとすぐに葉酸は必要となり、自覚症状が出てからでは間に合わないことがあるからです。

 

産後にも、母体の回復のためと、母乳の元である血液をたくさん必要とします。

 

さらに、鉄分不足は貧血の最大の要因と言われています。
マカナ葉酸サプリには鉄分も豊富(8.7g)に含まれているので、意識的に取る必要性はないかもしれません。

 

 

出産で大切な血液を作る役割がある葉酸

 

血液を作るのに、葉酸とビタミンB12は重要な役割をはたすのです。

 

このように、妊娠前、妊娠中、産後と葉酸は女性の体には必要不可欠なものです。

 

もともと、ほうれん草や、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、牛乳、豆類、レバーに含まれているものですが、
熱や光に弱いので、調理などは気をつけなければいけません。

 

そこで、効果的にこの葉酸を摂取するのにサプリがよいといわれます。

 

出来れば、ビタミンB12も一緒に摂取できると理想的です。

 

ただ、葉酸を取りすぎるとビタミンB12の欠乏診断が難しくなるようですので、
服用量を守ることが大切です。

 

 

マカナ葉酸サプリには妊娠中に必要な栄養素が全部とれる?

 

妊娠中は特に、赤ちゃんに栄養を供給する必要があるので、
普段以上に意識的に栄養を取らなければなりません。

 

しかし、体力面や精神面などさまざまな弊害が起こる妊娠中なので、
料理を頑張るということは難しいかもしれませんね。

 

マカナ葉酸サプリには、妊活中~妊娠中に必要な栄養素が全部含まれているので、
栄養素が偏るような心配も必要ありません。

 

自分で努力せずに、葉酸サプリを活用するのも一つの方法になります。

 

 

トップページへ戻る。


page top